やってみよう!チョークアート!
【描き方編】


チョークアート


やってみるのが早いけど、近くに教室もないし、時間もない!
前に体験教室に行ってみたけど、あれってなんだっけ?どうやるんだっけ?
もうちょっと、詳しく教えてよぉ〜!!(´Д`)



初めたばかりで何を揃えたらいいか分からなかったり、とにかく自分でやってみたかったり。
興味を持った方が、チョークアートにチャレンジするお手伝いをできたら・・・

こちらではレプレのチョークアートの工程をご紹介致します。
なるべくシンプルな基本の工程を、ひとつの作品が出来る工程を追いながら解説したいと思います。

【道具編】はこちらをごらんください
【ブラックボードの作り方】はこちらをごらんください



 

チョークアートをやってみよう!

チューリップを描きながらチョークアートの基本の工程をご説明致します。



下描き
デザイン・サイズ・配置を決めた、紙の下描きを用意しましょう。
ブラックボード上で何度も描き直して、消しゴムかけでブラックボード表面の粒子がとれてしまうのを防ぐ為です。
下絵 下描き
下描きを写すにはチャコペーパーを使うと手早く、下絵を忠実になぞることが出来ておすすめです。他には、擦筆(さっぴつ)や色鉛筆を使います。


花の色を塗る
オイルパステルをボードに塗り、それを指先で混ぜ合わせながら着色してゆきます。

チョークアートに欠かせない、グラデーションでの塗り方を解説!
混色による幅広い色彩表現がオイルパステルの特徴のひとつです。
グラデーションでオイルパステルの使い心地に慣れたら、あとは自由に塗り方をアレンジして表現出来てしまいます♪


今回使うのはこの4色[白/薄ピンク/濃ピンク/赤紫]
ピンクのチョーク
薄ピンクをメインにグラデーションを作りたいので、薄ピンクを中心に"明るい色〜暗い色を3~4色"選びます。

チョークアートの着色のキーワードは『光』
光が当たっている方向を決めて、『光と影』、つまり『明るい部分と暗い部分』を多少オーバー気味に表現すると、ブラックボードに映える作品が出来ます。

オイルパステルのメーカーごとに色番号がついていますが、番号の指定はあえてしません。ここではピンクにしましたが、自分の好きな色を選んで、オリジナルの表現を楽しんでください。
メインの色を中心に、それより明るい色と暗い色を選びます。

ピンク 塗り
まずは花びらを1枚塗ります。
光の当たる方向を決めたら、光の方向から順に「明るい色から暗い色」を配置。ブラックボードのざらざらを埋めるような感じで塗ります。一方向からだけでなく、多方向に手を動かしましょう。
メインの色の面積を多めにとり、濃い色は少なめにします。



次に、色のさかえめをオイルパステルで混ぜ合わせましょう。
基本的に"隣り合う色の明るい方"のパステルで、細かくクルクルと動かしながら2色を混ぜます。
さかえめ混ぜさかえめ混ぜ


今度は指で混ぜてゆきます。
指を寝かせ、腹の部分を使ってクルクルと動かします。さかえめが馴染んでグラデーションになってきました。
チョークを混ぜるチョークを指で混ぜる  
指を変えて色分けすると、指を拭き取る手間が省けますし混ぜたくない色を混ぜずにすみます。うっかり違う指を使わないようにだけ注意してください。
(薬指を使ってないのは、昔した突き指のせいでちょっとやりにくいからで、特に意味はありません。使ってくださいね〜)
1枚塗れた  指で色分け
1枚出来ました!多少はみ出しても後で修正するので大丈夫です。

2枚目全部塗れた
同じ様に、光の方向を意識しながらすべて塗ります。面積が狭いところは、小回りがきく小指を使って。分かりやすいように手前から塗りましたが、実際は奥の花びらから塗ってゆくと塗りやすいと思います。


白を拭く次も白を使うので、パステルについたピンク色をキッチンペーパーで拭いておきます。
ティッシュより破れにくく、繊維がくっつかないエンボスタイプを用意しておくととても便利です。
 


葉っぱを塗ってゆきます
使うのはこの4色[白/黄緑/緑/深緑]ミドリ系の明るい色から暗い色です。
使うチョーク

基本は花びらの塗り方と同じです。
光の当たる方向から明るい色〜暗い色を。葉っぱの奥行きも意識して配色します。
葉っぱの色配置

色のさかえめを、明るい方の色のパステルで混ぜます。細かくクルクルと動かしながら。
さかえめを混ぜる さかえめを混ぜる

次は指で混ぜ馴染ませていきます。
パステルで混ぜたさかえめをクルクルと。色の濃さが違うところは指を変えて、すべての色が混ざり切って同じ色になってしまわないように気を付けましょう。
ブラックボードが透けないくらいボードに塗り込んだ方が、チューリップの葉っぱらしいマットな質感になります。
指で混ぜる
仕上げに、葉っぱの縦方向に合わせてなでるようにすると、指の跡が消えて綺麗です。
指で混ぜる

茎のように細い部分は、小指の横(わき腹?)を使うとやりやすいです。小刻みに前後に動かしながら、ブラックボードに馴染ませます。
茎を小指で

濃い色で影を入れ、白でハイライトを入れます。
こうすることで奥行きが強調され、立体感が出ます。
濃い色で引き締める   白でハイライトを入れる
これで、チューリップの塗りは完了です!



ハートを塗ります
淡い色(明るい色)のグラデーションをやってみましょう。
使うのはこの3色[白/水色/空色(濃いめの水色)]
水色のチョーク

先に白で全体を塗っておくと、淡い色に仕上がります。白の上に水色と空色を重ね塗り。濃い色も少し入れることで、明るい色が際立つ効果があります。
白で塗る重ね塗り指でぐるぐる  馴染ませた
明るいトーンの色はブラックボードに映えますね。



修正・仕上げ
外側にはみ出したパステルを消して修正していきます。
「少しパステルで汚れたな」というくらいなら消しゴムで消しちゃいます。優しくかけてください。
消しゴムかけ


黒の色鉛筆で、絵の際のはみ出したパステルを消して輪郭をはっきりさせます。
黒の色鉛筆で修正


暗い部分に影を描き足します。
線のすべてをなぞるのではなく、影の濃い部分や奥行きを出したい部分にポイントで黒を効かせます。
ちょっとしたことですが、この影入れでグッと絵が引き締まり存在感が違ってきます。
バランスを見て、明るい部分の印象づけに白を足してあげると「光と影」が働きあい、絵の印象が変わります。
この「光と影」効果はあなどれません!

 
影を加える   白でハイライトを入れる


ブラックボードから作った場合、残ったジェッソをとっておくと修正にも使えます。
綿棒や画材店などにあるスポンジブラシなどで、パステルの上から薄く塗ってください。
原液のままだと濃度が高く、厚みが出てしまい逆に修正箇所が目立ってしまうことがあるのでご注意!
ただ、誤って絵の上にジェッソがつくと直せませんから、絵の際の部分は黒の色鉛筆を使ったほうが無難です。

ジェッソで修正

修正は最後の仕上げ。これで絵の出来が変わってくるので、ここは丁寧にやりましょう。
意外と時間がかかるので、『パステルははみ出しても修正できる』と書きましたが、はみ出しすぎず、ブラックボードへの付着にも気をつけておくとだいぶ楽に出来ます。


チューリップ完成!!

チューリップ

黄色と白とオレンジぐるぐる

よりリアルに描きたい方は、グラデーションに塗ったあと、花びらの筋や葉脈をパステルで描き足してみてください。

フレームを描いたり、文字を入れたり、好きに楽しんで描いてくださいね!


コーティング
オイルパステルは乾かず、このままだとこすれたりホコリが付着してしまうので完成したらスプレーでコーティングします。
画材店で買えるパステル用の定着液(フィキサチーフ)か、ラッカースプレーでコーティングします。
屋外に飾るのであれば、ラッカーを使ってください。
※コーティングスプレーは缶の注意書きをよく読み、出来れば屋外しっかりと換気の出来る環境で使用してください!
詳しくは【道具編】に参照しています

表面にホコリや汚れがついていると一緒に定着してしまうので、吹き飛ばすか払っておきます。
柔らかい刷毛があると便利です。

コーティングスプレー
大きめの新聞紙などでカバーします。絵の外側から噴出し始めて、一定の速度で均一に拭きつけてください。
ちょっとスプレーで濡れるくらいするとしっかりコーティングされます。

乾くまで表面に触らないように!
スプレーで絵のふちが後ろの新聞紙とくっついてしまうことがあるので、乾く前にボードの厚み部分を持って違う紙の上に移動させておくとくっつきにくくなります。
ボードについたスプレーの匂いは時間とともに消えますのでご安心ください◎


描いているうちに、厚み部分が汚れることもあります。気になる様なら黒のフェルトペンなどで汚れを塗りつぶしてしまえばOK。
手を滑らせてせっかくの絵にペンをつけないように気を付けてくださいね!

額に入れてみました

せっかくですから、ご自分のサインを入れて飾ってみてはいかかでしょうか?

「えっ!これ自分で描いたの?!」

なんて驚かれるかもしれません(*^-^*)


なるべくシンプルかつ、ポイントをご紹介できるようにまとめてみましたが、疑問や分かりにくい点等、ささいなことでも構いませんのでご質問くださればお答え致します。
ページにも反映させてゆきたいと思いますので、お気軽にどうぞ!
お問合せメールフォーム
※お問い合わせの際はshop@lepre-chalk-art.shop-pro.jpからのメールを受け取れるよう、メール設定をお願い致します。

クレジットカード
クロネコwebコレクト クレジットカード払い
銀行振込
注文メール受け取り後、7日以内にお振込ください。
それを過ぎますと、注文をキャンセル扱いとさせて頂きます。

振込を持ちまして、最終的な注文確定とし制作に入らせて頂きます。
なお、制作に入ってからの、内容の変更・キャンセルはお控えください。
商品代引き
宅急便コレクト
出来上がり品の購入に限りまして、現金による代金引換払いがご利用頂けます。
代金引換手数料/一律300円
ヤマト運輸
配送料・お振込手数料等はお客様ご負担にてお願い致します。

配送料 700円〜(サイズ・重量による)

オーダーメイド品につきましては、サイズ・重量に応じた配送料となります。
販売業者 Lepre -Chalk Art Studio-(レプレ チョークアートスタジオ) 壬生恵美里
運営統括責任者名 壬生恵美里
郵便番号 9450852
住所 新潟県柏崎市中浜2−7−12
商品代金以外の料金の説明 商品代金とは別に配送料、振込手数料・代金引換手数料はお客様ご負担にてお願い致します。

ヤマト運輸 宅配便 \700〜

※オーダーメイド商品につきましては、オーダーサイズと配送先によって、配送業者の料金に応じた配送料となります。
申込有効期限 ご注文後7日以内といたします。

ご注文後7日間ご入金がない場合は、購入の意思がないものとし注文を自動的にキャンセルとさせていただきます。

代金引換払いの場合はこの限りではございません。
不良品 商品到着後7日以内にご連絡ください。

商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承ください。

なお、商品到着後7日を過ぎての返品・交換対応は出来なくなりますのでご注意ください。
販売数量 各商品ページにてご確認ください。
引渡し時期 ご注文の確定より、2週間以内に配送させて頂きます。

ご注文をお受けしてから、手作業での制作となりますので、作品の内容と受注状況によって前後致します。

2週間以上お時間を頂く場合にはご連絡差し上げます。

ご理解のほど、お願い致します。

発送の際、再度ご連絡を差し上げます。

【出来上がり品の場合】

3〜4日でのご到着となります。
お支払い方法 クレジット決済、銀行振込、代金引換がご利用頂けます。

配送料・手数料はお客様ご負担にてお願い致します。


※事業主様からのご注文、価格変動・お見積の商品、追加料金につきましてはクレジット決済はご利用頂けませんのでご了承ください
お支払い期限 当方からの確認メール送信後7日以内となります。

代金引換払いの場合は商品到着時にお支払い下さい。
返品期限 お手数ですがご連絡の上、商品到着後7日以内にお願い致します。
返品送料 お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。不良品に該当する場合は当方で負担いたします。
屋号またはサービス名 Lepre -Chalk Art Atudio-(レプレチョークアートスタジオ)
電話番号 05035660921
公開メールアドレス shop@lepre-chalk-art.shop-pro.jp
ホームページアドレス http://lepre-chalk-art.com/